横浜の加圧トレーニングスタジオで、すっきりボディメイキング♪

HOME » 加圧トレーニングとは? 改めておさらい » そのメカニズム

そのメカニズム

なぜ効果が高いのか。加圧トレーニングのメカニズムを紹介します。

加圧トレーニングの方法

腕や太もものつけ根を加圧ベルトで締め、軽い負荷の筋肉運動を行なう加圧トレーニング。短時間で、高い効果を得られるのが特徴ですが、その効果はどのようなメカニズムによってもたらされるのでしょうか。その仕組みについて解説していきます。

1.【腕や太ももをベルトで締めて圧力をかけ、適度に血流を制限する】

圧力をかけることで、動脈からは新しい血液が流れ込みますが、静脈からは戻りにくくなります。すると腕や脚に血液が多くなり、普段は使われていない毛細血管に血液が流れていきます。

その結果、酸素が細胞の隅々にまで行き渡るようになります。

2.【圧力をかけた状態で10分ほど、筋繊維や関節を痛めない軽い運動をする】

上記の運動を行うと、体内に疲労物質の乳酸が溜まってきます。すると、筋肉の中の感覚神経がこれを感知。脳の視床下部が脳下垂体に指令を送り、多量の成長ホルモンが分泌されます。

10分ほどの運動を行なった場合、終了時には、筋肉中の乳酸量はピークに達します。これは、重いウエイトを持ち上げるなどのハードなトレーニングを長時間行なった後と同じような状態だといわれています。

3.【ベルトを緩め、圧力を取り除く】

多量の血液が一気に流れ出し、成長ホルモンは血流に乗って全身に運ばれていきます。

成長ホルモンは、加圧トレーニングの終了から15分ほど後、その分泌量がピークに達します。そして、加圧トレーニング開始から約1時間後、成長ホルモンは中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解し始め、2~3時間後に筋肉合成を始めます。

加圧トレーニングによって分泌される成長ホルモンは、通常のトレーニングの約10倍、安静時の100~300倍にもなるといわれています。成長ホルモンが多量に分泌されることで、体脂肪が燃焼されたり、筋肉が合成されていくのです。

いかがですか?最小限の運動で、効率よく身体反応を促す加圧トレーニング。基礎体力に不安のある女性にも、ぜひおススメしたい方法と言えます。

 
横浜の女性向け加圧トレーニングスタジオBEST5