横浜の加圧トレーニングスタジオで、すっきりボディメイキング♪

HOME » キレイを保つコツ » 運動

運動

消費エネルギーが一番多い基礎代謝

運動がカラダにいいことは誰でも知っていますが、どうしてカラダにいいのでしょうか?その理由のひとつとして、カラダを動かすことで基礎代謝量が上がるからなんです。

基礎代謝は、体温を維持したり、呼吸や心臓を動かすなど、私たちが生きていく上で最低限必要な機能を維持するためのエネルギーです。
そして、意外にも運動などで消費されるエネルギーよりも、この基礎代謝の方が消費エネルギーが大きく1日に消費されるエネルギー全体の60~70%を占めています。

筋肉をつけて基礎代謝をアップする!

ならば運動などしなくてもいいのでは?と思ってしまいますが、実は年齢や季節・生活習慣によって基礎代謝量が違ってきます。そして、基礎代謝が活発な人ほど、太りにくく痩せやすい理想の体型を手に入れることも可能なのです。その基礎代謝のカギを握るのが「筋肉」。

筋肉が多くなれば基礎代謝量が増え、基礎代謝量が増えれば脂肪燃焼効果もアップします。つまり、太りにくく痩せやすいキレイなカラダを保つには、筋肉をつけて基礎代謝をアップしてあげることが大切なんです。そのためには、筋肉を効率よくつける運動が必要になります。
 

カラダをマメに動かすだけでも違う!

では、運動ならばなんでもいいのでしょうか?

基礎代謝をアップさせるための運動=効率よく筋肉をつける運動となります。筋肉には、赤筋(褐色脂肪細胞)と白筋(白色脂肪細胞)があります。赤筋は脂肪を燃焼させる力が強く持久力に優れ、白筋は瞬発力やパワーには優れていますが、疲れやすく脂肪を燃焼しにくい筋肉です。基礎代謝をアップさせるには、赤筋を増やしてあげることが大切になります。

そのためには、赤筋を作るウォーキングやジョギング、エアロビクスなどのゆったりとした一定のリズムを刻む有酸素運動を中心に、瞬発力のある激しい動きの「無酸素運動」も加え、この2つをこなすための準備運動として「ストレッチ」を行います。この3つを上手に取り入れることで、引きしまったメリハリのあるボディを作ることができますので、無理のない範囲で続けていきましょう。

ただ、運動は苦手、なかなか時間がとれないという場合は、通勤のときに駅や会社などでエレベーターなどでなく階段を使うようにしたり、お買物のときに車ではなく自転車を利用したり、家事のときにもモップは使わず雑巾で拭き掃除をしたり・・・これだけでも知らず知らずに筋肉アップにつながりますので、コマメにカラダを動かす習慣をつけて行きましょう!

 
横浜の女性向け加圧トレーニングスタジオBEST5