横浜の加圧トレーニングスタジオで、すっきりボディメイキング♪

HOME » トレーニングジムを選ぶ基準 » 継続できる料金設定

継続できる料金設定

入会金の相場

トレーニングジムに通いたいけれど、やっぱり気になるのは入会金や月会費のこと。いくら効果があるとは言っても、料金が高くては利用できない・・・という人も多いはず。そこで、おおよその料金といくつかのジムの参考料金をご紹介します。

入会金は、おおよぼ1~2万円のところが多く、中には5~6万円というジムもあります。入会金以外には、入会のための事務手数料として3,150円かかるところが多く、他にも別途施設利用料が入会時のみかかるところもあります。

1回の利用料金の相場

入会金や利用料金については以下に一例をあげておきますので参考にしてみて下さい。詳しくは各ジムのWEBサイトやパンフレットなどで比較検討してみることをお勧めします。

  • 入会金がデイタイムで1万円、フルタイムだと2万円。
  • 入会金は21,000円で2年償却。事務手数料3,150円は返金なし。
  • 入会金5,000円、施設利用料10,000円(入会時のみ)。
  • チケット制で30分5,250円、45分7,350円、60分9,450円。
  • 入会金が52,500円。ビジターは1回15,000円(登録料&更新料別途10,000円、登録料は1年間有効)。月会費は、月4回利用で29,400円、月5回で33,600円、月6回なら37,800円。 

尚、月会費ではなくパス制(チケット制)で、1年間有効の5回パスだと通常料金より10%お得!10回パスだと20%お得!というジムなどもあります。

完全予約制のジムがほとんど

どのジムも専門のトレーナーが、マンツーマンでみっちりとトレーニングをしてくれるところがほとんどです。

そのため、トレーニングは完全予約制が多く、前日や当日キャンセルの場合はキャンセル料が発生するところが多いので、その辺は事前にしっかりとチェックしておきましょう。営業時間は、ほとんどのジムが10:00からのスタート。平日は21:00~22:00で閉店してしまうところが多いのですが、中には24:00まで営業しているジムもあります。

また、土日は平日よりも早く、18::00~20:00頃で終わるところが多いので、こちらも事前に確認しておきたい項目です。

入会金や会費などの支払は口座引き落とし、クレジットカード、デビットカードなど、ジムにより支払方法が異なります。入会時には口座引き落としの場合は通帳や銀行届け出印が必要になります。

また免許書など本人確認ができるもの。口座引き落としの場合は、入会当日、引き落としがスタートするまでの約2~3カ月分の会費が必要になるところが多いので、事前に電話などで確認した方がいいでしょう。

 
横浜の女性向け加圧トレーニングスタジオBEST5